Familiar Flowers 2

身近で咲く花たち。

キンシバイ Hypericum patulum

花の写真

庭や公園などに植えられるオトギリソウ科の落葉(半常緑)低木。

 

枝垂れる様子

枝垂れた枝先に花を咲かせます。

 

花の様子 正面

花の様子 やや後ろ側から

黄色の5弁花。花弁は完全に開く感じでなくカップ状。

 

雌しべと雄しべ

柱頭5つ。雄しべは多数ですが5つの束に分かれています。5つの束になっているのはビヨウヤナギやセイヨウキンシバイも同じですが、花糸は比べるとだいぶ短い。

 

花径

花径は4cmくらい。

キンシバイの園芸品種には、花が大きく、花弁が平開するヒペリカム ヒドコートという花もあり、タイリンキンシバイと呼ばれているようです。画像検索で見る限りヒドコートとは雌しべの色も違うでしょうか(キンバイは緑色が強いですが、ヒドコートは黄色。)実物でよく観察したことがないのではっきりしたことは言えませんが。

 

花序 蕾

花序は集散花序で写真は蕾ですが、多数つけています。

 

葉序1

葉は卵形~楕円形で、2列対生状が普通。 

 

葉序2

たまにこうした十字対生と中間的なものもありました。ヒペリカム ヒドコートではこうした傾向がより顕著なようです。

 

葉柄 枝

葉柄はごく短い。枝は無毛。

 

葉表

葉裏

両面無毛で、綺麗に撮れてませんが腺点があります。

 

株元の様子

株立ちになっている。

 

 

☆関連記事リンク☆

 

広告を非表示にする