Familiar Flowers 2

身近で咲く花たち。

ムラサキウマゴヤシ(アルファルファ) Medicago sativa

花の写真

和名のように馬などの飼料として、或いはスプラウトとして若芽が食用に栽培されるマメ科の植物。身近では野生化したものは滅多に見かけませんが、今回たまたま咲いていました。その昔、うちでスプラウト用の種を蒔いてみたときは数年で自然消滅したのであまり環境は合わないのかも?

 

全体的な様子

草丈は写真のもので60cmほど。周辺に咲いている黄色の花はセイヨウミヤコグサ

 

花序1

花序2

花序は長い球状。

 

花の様子

花はマメ科らしい蝶形花で、鮮やかな紫色。

画像検索すると花色はもう少し褪せた紅紫のようなものもあるのかも?

 

花序の長さ

花序の長さは2~3cm。花序の柄も3cmくらい。

 

花の長さ

花の長さは萼筒をいれて8mmくらい。短い柄があり基部には線形の小苞がある。

 

萼の様子 下側

下側から見た萼。

 

萼の様子 上側

上から見た萼。

萼歯(裂片)は5つ。伏毛がある。

 

葉の様子

葉は3出複葉。小葉は細長い印象の楕円形。

 

小葉の鋸歯

小葉の上半分程度に鋸歯があります。

 

葉表

写っていなかっただけかもしれませんが、葉表は目立った毛はないようです。

 

葉裏1

葉裏2

葉裏は伏毛があります。

 

托葉

托葉は1対あり、先は細く伸びていて、基部はやや膜状に広く縁が鋸歯状になっているものもみられました。

 

茎 下部

茎も有毛。下部の方では少ないか無毛。

 

茎 上部

上部の方は毛が多め。

 

☆関連記事リンク☆

 

広告を非表示にする