Familiar Flowers 2

身近で咲く花たち。

アメリカキササゲ Catalpa bignonioides

花の写真

公園で見かけたノウゼンカズラ科の落葉高木。

 

全体的な様子1

全体的な様子2

遠すぎて写真だとあまりわかりませんが、大きな花序をたくさん出しています。

 

花の様子

花冠の縁は細かく波打ち、花色は全体的に白色で花冠内部から下唇にかけて紫色の斑紋とオレンジ色~黄色の斑点があります。(この写真では完全な白でなくやや黄色味があるかも。)

似たものにキササゲや、オオアメリカキササゲ(ハナキササゲ)などがあります。

キササゲは花色がもっと黄色味を帯び花はやや小さめ。他に葉裏の毛の様子なども違うようです。

 

花序の様子

オオアメリカキササゲでは、花がより大きく、花序の花数が10~30くらいとアメリカキササゲの花数20~40に対し少なめのようですが、範囲が重複しているし、そもそも高木の花数をいちいち数えるのは大変そうです。ただ、学名で検索して出てくるオオアメリカキササゲと思われるものの花序は、花数が少ないということもあってか円錐花序の先があまり伸びていない短い円錐花序のように見えました。

ということで、写真ではかなり数えづらいですが蕾を含めた花数は40どころかもっとあるようにも見えるし、花序の形も長い円錐花序に思えるので、アメリカキササゲであろうと判断しました。

 

雌しべ

よく撮れていませんが、雌しべの柱頭が2裂しています。

 

雄しべ

雄しべは2本(葯が)見えています。

仲間のキササゲは完全雄しべが2本(下側)と葯のない仮雄しべが3本(下側)らしいので、アメリカキササゲも同じような感じなんでしょうかね。

写真は落ちていた花ですが、せっかくなのでよく見てみればよかったかも。

 

萼の様子

萼は上下に2つに分かれている。色は緑色~紫色を帯びています。

 

花 正面 幅

落ちていた花で測りましたが、花の幅は4.5cmくらい。

 

花 正面 高さ

縦に測ると4cmくらい。

となりに写るものは萎れ具合が違いますが、それを踏まえてももう少し小さい。

 

花の長さ1

花の長さは4.5cmくらい。

 

花の長さ2

別の花。こちらもだいたい4.5cmくらい。

 

葉の様子

葉は大きく広卵形で、樹形の印象からもキリのような雰囲気があります。

 

葉の基部1

葉の基部2

基部は浅い心形から、切形のような感じ。

 

置いていた葉 長さ

落ちていた葉で測って、葉身は20cm弱。葉柄は15cmくらいでした。

 

葉表1

葉表2

葉表は脈上を中心に毛がみられました。

 

葉裏1

葉裏2

葉裏は脈の白い軟毛が目立ちますが、それ以外の部分にも生えていて、質感はフワフワして感じました。

キササゲでは側脈の基部に褐色の軟毛があるようです。

 

葉柄1

葉柄2

再び落ちていた葉の葉柄ですが、ほぼ無毛ですが、表側(褐色を帯びている方)で毛が散生していました。(腺毛かも)

 

樹皮1

樹皮2

樹皮は細かく縦割れし、コルク質。

 

広告を非表示にする