Familiar Flowers 2

身近で咲く花たち。

サツキ Rhododendron indicum

花の写真

公園や道路沿いなどによく植えられているほか、庭木や盆栽などとして昔から育てらているツツジ科常緑(半常緑)低木。

いわゆるヒラドツツジなどの「つつじ」が咲き終える5月中旬以降にぽつぽつと咲き始めるのが「さつき」です。

ただ、ひとえに「さつき」といっても、サツキ(Rhododendron indicum)とマルバサツキ(R. eriocarpum)、或いは海外で様々なツツジ類を元に造られたアザレアとの交配種など色々あり、花の色、咲き方、雄しべの数、樹姿、葉の様子など園芸品種が数えきれないほどあります。

 

全体像

ということで、どんなタイプの花を載せたらいいのか、手あたり次第載せてもきりがないし、自生のサツキ(R. indicum)は渓流の岩場などに這うように生えているということで、この這う性質が強いもので観察することにしました。

庭のサツキの一つで、写真のように大きな石を這い上がるように伸びる枝と、周辺に広がるように枝が這っています。

 

花の様子

オーソドックスなサツキの園芸種といった花。花冠は5裂、花径は4~5cm。雄しべは5本で長短があります。

 

花糸の毛

花糸の下部には微毛が見えます。

 

花冠内側の毛

よく見ると花冠の内側にも花糸のものよりさらに短い微毛があるようです。

 

花柱

雌しべの花柱は無毛。

 

花柱の長さ

花柱の長さは4.7cmくらい。

 

子房 萼の様子

子房は毛が密生しています。

萼裂片は5枚で、縁(や外側)に長毛がある。

 

萼裂片 大きさ

萼裂片の長さは先の画像でもわかるようにバラついていましたが、長いもので3mmくらい。

 

苞

苞の鱗片も花色と同じように色づいている。

 

葉表の様子

葉の表は光沢を感じる綺麗な緑色ですが、基部が広くて扁平な感じの伏した褐色の毛があります。

 

葉裏の様子

葉裏の主脈状や葉柄、葉縁、若い枝に同じような上向きの褐色の伏した毛があります。

葉の縁は目立たないですが、丸い鋸歯があります。

 

葉の長さ

葉(春葉)の長さは2.5~3.0cmくらい。

 

葉の幅

幅は1.0cmくらい。

 

蕾1

蕾の下に残っていた夏葉

蕾のすぐ下にある葉は冬越えの葉(夏葉)がありますが、小さめのようです。

夏葉は夏葉でまたそのうち見てみます。

 

という感じでだいたいサツキ(R. indicum)の特徴を持っているようですが、こういった感じの花や葉の大きさのもので雄しべが5本のものは、原種に近いようです。

実際は他にもマルバサツキ系と思われるものや、その他の系列が入ったものと思われるものなど色々撮ったりしたのですが、どうまとめればいいのか分からなくなりそうなので、とりあえずこの樹だけにしておきます。

 

広告を非表示にする