Familiar Flowers 2

身近で咲く花たち。

ホナガタツナミソウ Scutellaria laeteviolacea var. maekawae

花の写真

あまり日差しもない林内で咲いていたシソ科の花。

シソバタツナミの変種とされ、茎の毛が下向きなのが特徴。

 

全体的な様子1

全体的な様子2

けっこう群生しています。

横からの写真だと高く見えますが、草丈は高いものでも15cm程度、ほとんどは10cmくらいでした。

 

花の写真2

花の写真3

花色が薄いというか白っぽいものがけっこうある。

 花の写真4

花序 4段+α

花序の花数は4段まではみつけましたが、たいてい2~3段。

ただこの4段の花序もそうですが、先端に蕾があるのでこの先5段になるかも。

 

花冠の毛

花冠に腺毛と短毛があります。

 

萼の様子1

萼の様子2

萼には腺点があり短毛が生えています。下側の方には腺毛もちょっとあるようです。

 

花の長さ

花の長さは1.8cmくらい。

 

花序の長さ

花序の長さは長いもので4~5cm。

先ほど載せた4段のものと同じものなので、先端の蕾が育てばもう一段分高くなるかもしれません。

 

草姿1

草姿2

群生していたものでは分かりづらいので、少し離れて咲いているもので見ると、(一番下の地際の葉は除いて)葉の大きさは下にいくほど大きくなっていて、茎の中ほどでやや間延び感はあるものの全体的には重心が低く二等辺三角形のような草姿。

下部に葉が集まると解説されていることもありますが、そもそも集まるというほど一つの茎に葉はたくさん付かないので、こういう様子をそう表現しているということかな。

 

葉柄が長い1

また、葉柄の長さが目をひきました。

 

葉柄が長い2

下の方につく葉になるほど葉柄が長い傾向があるようでした。

葉腋からは脇芽が出ています。

 

葉の様子1

葉の様子2

葉の質感は艶消しな印象。

鋸歯は丸みがあり、葉の基部は心形(かなり深いものもある)で、葉の形は卵形からより円い感じのものまである。

 

葉表1

葉表には短毛があります。

 

葉裏1

葉裏2

葉裏は上部の葉では緑色ですが、下の方の葉では紫色を帯びていました。

帯び具合は強いものもあれば弱いものもある。

 

葉裏3

葉裏には不明瞭ですがよく見ると腺点があります。

 

葉表2

葉表にも先日のタツナミソウ属の一種のように不明瞭ながら腺点があるように見えるのですが、腺点ではないのでしょうか。

葉表の腺点に関しては実際は少々ある場合もある、或いは実際にあっても特に触れられていないだけといったようなこともありえるのでしょうか、わかりませんが。特徴とするほど明瞭でもないし、葉表に腺点が構造的に絶対にできないということもないと思うので、気にしすぎないのがいいのかもしれません。ただでさえ変化が多い仲間なので。

 

葉の長さ

葉の長さは、大きめの葉で4cmくらい。

 

葉柄の長さ

その葉柄も4cmくらい。先ほども書きましたが、下部の葉柄が長いです。

 

茎の様子 下部

下部の茎は赤味を帯び、長い開出毛のようなものはなく、下向きに曲がった短毛が生えています。

 

茎の様子 中部

中ほどの茎にも同じく下向きの短毛が生えています。

色合いは赤味が薄れてきています。

 

茎の様子 中~上部

それより上の部分でも同じ。

 

茎の様子 上部

さらに上の部分ではそれほど長くはないですが、少々開出した毛が混じっているようでした。

色合いは緑色。

 

茎の様子 最下部

さらに別株。けっこう地際の茎。やはり下向きの短毛があり、長い開出した毛は見られません。地際からも分枝が出ている。

 

茎の様子 中部

中間くらいの茎。

 

茎の様子 上部

上部の茎。

いずれも下向きの毛がほとんど。長い毛が少ないので目で見たときも、先日のタツナミソウ属の一種とは違う印象でした。

 

全体的な様子3

ということで、茎の毛の様子からシソバタツナミの変種のホナガタツナミソウとしましたが、一点だけ気になるのは「ホナガ」という名前です。

花序の長さが特にタツナミソウ(S. indica)より長いわけでもないし(どちらも8cmくらいまでとされている。)、どういう意味なんでしょう。基本種のシソバタツナミより長いという意味だとしても、どちらにせよほとんど範囲が被っているのでいまいち納得できません。もともとの差が少ないので平均的にホナガタツナミソウが長いとしても、微差すぎてわかりづらいです。

一応、ホナガタツナミソウは2~8cmとされているようなので、今回のように4,5cmまでしか見られなくても一応範囲内ではあるので問題ないはずなのですが、名前にそういった特徴を表す言葉がついているのに、それらしい様子が見られないとなんとも気になってしまいます。特にややこしいとされるタツナミソウ属なので。

ところで、基本種のシソバタツナミとの違いは花序の件を除くと、茎の毛の向き以外に何があるのでしょう。一応、シソバタツナミは葉脈に沿って紫色の斑入り状になるものが多いようではありますが、ないものもあるとのことで、変種というほどの差がどこにあるのかいまいち分かりません。

シソバタツナミには変種が他にもいくつかありますが、いずれも差が微妙でそれぞれが連続的とも思える特徴で、見分けるのが困難になっています。このままでは個体差ごとに名前が付いてしまいそうです(冗談ですが)

いっそ一纏めにシソバタツナミとし、「シソバタツナミは変異が大きく、〇〇といった特徴のものは××という品種に分けられることもある。」なんていう感じになれば、かなり分かりやすいのにと思います。(昨日の記事でも似たような都合のいいことを言ったようなですが(苦笑))

 

☆関連記事リンク☆

 

 

広告を非表示にする