Familiar Flowers 2

身近で咲く花たち。

ヒルガオ Calystegia pubescens f. major

花の写真1道端に見かけるヒルガオ科の花。

今回撮ったものは白い筋があまり見えず、ちょっと花色が濃い目な印象でした。

 

花の写真2

(2015年6月中旬)

こちらは白い筋がよく見えます。それはさておき、やっぱり写真は天気のいい日がいいなぁ。

 

花径1

花径は5~6cmあります。

 

花径2

小さめの花でも4cmちょっとある。

仲間のコヒルガオは3cm前後。

 

苞葉

苞葉の先がコヒルガオのように尖らない。

また、苞葉の縁(「のみ」かどうかは未確認)に細かな毛が見えます。

 

花柄

(2016年6月下旬)

花柄もコヒルガオにあるような翼はない。

 

柱頭の様子

柱頭は2裂し米粒のような感じ。(下に追加画像)

 

花糸

暗くてはっきり写りませんでしたが雄しべの花糸基部の方には毛が生えていて、腺毛らしいです。

 

蕾の様子

蕾の様子。

 

葉の様子

葉は多少の変化はありますが矢尻型で、基部の裂片はコヒルガオのように横に強く張りださない。

 

葉裏の様子

葉の裏には腺点らしきが見えました。

 

花の写真2

例年、コヒルガオは5月中旬には見かけるようになりますが、ヒルガオは少しだけ遅く6月くらいから見かけます。といっても、今年はまだコヒルガオを撮ってないのですが。

 

花の写真3

(2016年8月中旬)

今回の花より白い筋がはっきりした花ですが、同じ場所で撮ったものじゃないかな~と思うのですが、あまり自信はないです。(やっぱり違うかも)

結実することは滅多になく、おもに地下茎で増えます。

 

ところで秋の七草の「朝貌の花」はキキョウのことであるというのが有力な説とされていますが、個人的にはこのヒルガオ説の方が自然な気がします。

たとえば名前から考えても、「貌花」と呼ばれていたヒルガオは、朝だけ咲くアサガオが入ってきたことで、朝に開花して日中でも咲いていることでヒルガオと呼ばれることになったと考えることができますが、それまでは「朝貌」と呼ばれることがあってもおかしくない気がします。でもキキョウに関してはヒルガオ(貌花)が存在していたのに、それに対してわざわざ「朝」をつけて呼ぶ意味がわかりません。

それにキキョウはこぼれ種で自然に増えるイメージもなく、たとえば植栽されたキキョウが野生化しているということもまず聞かないし、見たこともありません。うちの庭植えの矮性キキョウを見ても種子をあえて蒔けば発芽率もよく育ちますが、こぼれ種から自然発芽したものが育ったことは一度もないです。西日本ならどうかとか、環境によっては違うなどあるかもしれませんが、そんな微妙な花がススキやクズと一緒に咲いている光景というのは花期的にも微妙な上に、どうもイメージできません。

昔はその辺によく見かけたともいいますが、それらは遠い昔の植栽の名残ではないのでしょうか。現在は自然のままに見える場所でもその昔は人の暮らしがあったり、足を踏み入れていたという可能性も十分に考えられます。ましてや薬草でもあり、家紋にも使われるよう花でもあるので、あちこちで植栽されていても不思議ではないと思います。

一方ヒルガオはどこにでも見かけますし、そういった光景の中に咲いていても全く違和感ありません。むしろそこに咲いてないと言い切る方が難しいし、もし咲いていたならスルーされるような花ではないと思います。今でこそ雑草扱いされるだけのヒルガオですが、そんな偏見抜きでちゃんと見れば花も大きく綺麗な花ですし、現代のようにいろいろな花がなかった時代ならなおさらと思うので。

キキョウが有力とされる要因の一つに、秋の七草は薬草を詠んだものとされることがあるようですが、「秋の野に 咲きたる花を 指折り かき数ふれば 七種の花」ということからして単に秋の野の光景を詠んだだけではないんでしょうかねぇ。あえて薬草をと選んだ植物たちにも思えないですし・・・わかりませんが。

 

そんなわけでどうもキキョウとする説は腑に落ちず、逆にいうならどうしてヒルガオじゃないとされるのかが不思議に思ってしまいます。

・・・とかなんとか書いてると、どうにかしてキキョウを秋の七草から外したいみたいですが(笑)もちろんそんなつもりではなくてどちらも綺麗な花ですが、ただ雑草扱いされているだけのヒルガオが不憫に感じるというだけです。

そもそも昔の人が秋の七草に詠んだからって、どうだというわけでもなし(笑)「朝貌の花」がなんであろうが別に構わないことです。

 

(追加画像)

柱頭の様子

ヒルガオの柱頭はコヒルガオより長くないような気がしていましたが、横から撮ったらそうでもなさそうでした。どうりでそういう情報がなかったわけです。(自分の中で納得)

 

苞葉、花柄の様子

あらためて苞葉と花柄。苞葉の先は尖らず、花柄は稜がなく丸い。

 

花の写真 ヒルガオらしい花

(6月中旬)

オーソドックスな花色。

 

苞葉と花柄

苞葉の先は鈍く、花柄は稜がなく丸い。やはり縁に細かな毛が見えます。

 

茎の様子

茎の様子。コヒルガオのように稜は目立たず丸い感じ。葉柄の基部寄りに毛が生えているようです。

 

ヒルガオらしい葉

いかにもヒルガオな葉。

 

葉のタイプ

このような葉もありました。細くて側裂片が横にけっこう張り出していますが、コヒルガオと比べるとあまりシャキッとしていないかなと思います。

(というか、まともなコヒルガオがなかなか見つからない・・・)

 

☆関連記事リンク☆

広告を非表示にする