Familiar Flowers 2

身近で咲く花たち。

シャグマハギ Trifolium arvense

花の写真1

道路沿いの緑地帯で見かけたマメ科の花。

 

花の写真2

萼の裂片は長く紅色を帯びていて白い毛が目立ちます、全体的に見ると褪せた感じの紅色をして見えます。

その間に隠れるように小さな蝶形花が見えます。花後のものはやや薄紅色をしているようですが、開花しているものはほぼ白いようです。

ところでシロバナシャグマハギ(f. albiflorum)という品種があるようなのですが、それがこうした白色をした花のことを指すのか、情報が全く見当たりません。白花品種なので、おそらく萼などは緑色なんじゃないかと勝手に想像しますが、とりあえず今回白花品種については考えていません。

 

花序 下アングル

花序を下からみた様子。

 

花序の長さ

花序は写真のもので2cm程度。

 

葉の様子

葉は3出複葉。写真のもので頂小葉の長さは1.4cmくらい。

 

頂小葉

小葉の先は尖っていないようでした。

尖るという情報もあるようで、なんとなくのピックアップで撮ったのを後悔してますが、この写真は中間に付く葉。もしかしたら上部の葉では尖るのかな?・・・最初の方の花序とともに写る葉は尖っているように見えます。(下の方に追加画像有り)

 

葉裏

両面とも有毛。

 

茎と托葉

茎や托葉の様子。

 

下の方の葉柄

葉柄は上部のものはかなり短く、下のものほど長めの傾向。

 

株元付近

株元の様子。

 

花の写真 全体像

この一角でしか今のところ見かけたことがない花です。

 

(追加画像)

上部に付く葉の葉先

(翌日追加、以下3枚)

やっぱり上部に付く葉は先が尖っていました。

 

中間に付く葉の葉先

中間くらいでも先が尖っているものはけっこうありました。

 

下部につく葉の葉先

下部に付く葉は尖っていないものがありました。絶対にそうというより、そういう傾向はあるようでした。

 

広告を非表示にする