Familiar Flowers 2

身近で咲く花たち。

フランスギク Leucanthemum vulgare

花の写真1

道路沿いの土手などで見られるキク科の花。

 

花径

頭花は直径6cmほど。

 

完全に開花中の総苞の様子

総苞は皿状に開いています。

 

咲き始めの花

ですが、こうした咲き始めの花だと、

 

咲き始めの総苞の様子

こんな感じで半球形といった様子をしていました。

 

葉の様子1

葉はへら状で疎らな鋸歯があります。

 

葉の基部

葉の基部にも鋸歯があり少し広がるようになり、茎を少し抱いています。

 

葉の様子2

少し下の方の大きめの葉で長さ5cmほどでした。

 

下部の葉の様子

下部の方についている葉には柄があります。

 

下部の葉の基部

その基部の様子。

 

花の写真2

爽やかな5月が似合う花ですが、あいにくの曇り空でもうひとつ写真も冴えない感じ。

似た花には、フランスギクとハマギクなどから作られたとされるシャスターデージーがありますが、花期は6月くらいで少し遅く、茎は太く力強く直立し、葉の様子も違います。庭などに植えられる花で、普通は道端に咲いてることはないと思います。

 

次の2枚はそのシャスターデージーの様子。

シャスターデージーの葉

(2016年6月下旬)シャスターデージーの葉の様子。

 

シャスターデージーの花

(2015年6月上旬)シャスターデージーの花。咲き方が八重だったり、舌状花の感じの違いなどは、いくつか品種があると思われます。

 

・・・書き終えてからすでに載せていた花と気づきました。せっかくなので新しいこちらの記事を残しますが。

花の写真3

(2016年月中旬)そちら(古い記事)に載せていた写真。

 

☆関連記事リンク☆

広告を非表示にする