Familiar Flowers 2

身近で咲く花たち。

オオマツバウンラン Nuttallanthus texanus

花の写真1

河川沿いの土手で見かけるオオバコ科の花。

 

花の写真2

先にあげたマツバウンランとは花の色といいますか、模様が違います。

オオマツバウンランは写真のように、血管のような紫色の筋がよく目立って見えますが、マツバウンランの花は下唇中央の盛り上がった部分が白い色をしていて、筋はあまり目立ちません。。

 

オオマツバウンランとマツバウンランの花

左がオオマツバウンラン、右がマツバウンラン

混生していたのでちょっと茎を引き寄せつつ、並べて撮りました。

花の大きさも一般的にはオオマツバウンランの方が大きいですが、けっこう大きめのマツバウンランもあるので、小さめのオオマツバウンランと大きめのマツバウンランとだと大きさの差があまりないかもと思います。

 

花の長さ

花は平均的な花で、距を除いて1cmちょっと。

 

距の長さ

距は8mmくらい。距の長さは見た目にもオオマツバウンランの方が長いです。

 

終わりかけの花

終わりかけの花は筋が薄くなり全体に白っぽく見えます。

 

葉や茎1

葉や茎

測ってないですが、茎の太さはオオマツバウンランの方が太いと思います。

 

走出枝1

走出枝2

定規はマツバウンランの時と同じで目安的に置いただけですが、地際から出る走出枝の葉などの様子もオオマツバウンランの方が大きい。

 

 

全体像

マツバウンランと同じで風に揺れる姿が可愛らしいですが、花にふわふわ感があって優し気な雰囲気を感じました。

 

☆関連記事リンク☆

広告を非表示にする