Familiar Flowers 2

身近で咲く花たち。

アギスミレ Viola verecunda var. semilunaris

花のアップ写真

ツボスミレ(ニョイスミレ)の変種で花はツボスミレより一か月程長い6月前半くらいまで見られます。ブーメラン状の葉の形が特徴です。(ただし花の咲く頃以前では葉の形での区別は難しいようです。)

 

全体像の写真

草丈のある他の植物の合間を縫うように湿地に育ちます。

 

葉の写真

葉の基部がV字~「く」の字のように大きく開、三角に近い形。また、一概に言えるかわかりませんが近くに生えているツボスミレと比較すると葉の色がアギスミレの方が濃い印象を受けました。

 

横アングルの花の写真

距は短い。花そのものはツボスミレとほぼ区別がつきません。

 

花の写真

5月30日。

 

花の写真

6月7日

 

6月中旬の様子

6月16日。花を見かけなくなりました。

 

2016年7月下旬の様子。

画像追加したつもりがしてませんでした。

 

2016年11月上旬。

 

2017年の葉

(2017年5月中旬)

葉に黄色い病斑のようなものがでていました。

 

2017年の花

(2017年5月中旬)

花はまだないのかな?とよく見てみると、咲き出していました。

 

花の写真

(2017年6月上旬、以下5枚)

そういえば、昨年の花は花弁が紫を少し帯びていましたが、今年の花は白いです。

 

距など、横アングル

あ、でもこちらでは少し紫色が入ってました。

 

托葉の様子

托葉の様子。1つだけ鋸歯状になってる部分がある。

 

托葉の様子

托葉の様子。こちらは全縁に見える。

 

全体像

どのくらいの長さに伸びているのか下がはっきりしないのでわかりませんが、4,50cmはあると思います。

 

花の写真 2018年

(2018年5月中旬)

 

☆関連記事リンク☆

 

広告を非表示にする