Familiar Flowers 2

身近で咲く花たち。

マルバアキグミ Elaeagnus umbellata var. obtusifolia

果実の写真

海岸でみかけたグミ科の落葉低木。

やや痩せたような果実で数もあまり見られず、状態がいい感じのものはみられませんでした。

 

若い果実

赤くなる前の果実。比較的形がいい。

 

果実の長さ

果実の長さは6~7mmでした。形が歪だったのでつい長さで測ってましたが、本来ほぼ球形になるので長さも径も同じようなものかと。

 

葉の様子1

マルバアキグミは写真のように葉に丸みと幅があり、葉の質は硬くアキグミと比べて厚みがあります。

でも、厚みといっても多肉質な感じとはまた違うし、こういった差というのは、もしマルバアキグミしか確認していなかったら、分かりづらい差かも。

 

少し先が尖り気味の葉

因みに、よく探すと中にはこういった葉先が尖り気味の葉もあるにはありましたが、

 

葉の様子3

葉の様子4

全体的に見ると、葉先が尖らず幅が広くて丸っこい形が多いです。

樹高自体は枝が四方八方斜上している感じであまりありませんでした。

 

若い葉

枝先の若い葉の様子。若い葉の時点で幅がけっこう目立っていました。

 

先が窪む葉

平均すると広い楕円形が多い印象を受けましたが、倒卵形のように上部の方が広めのものや、葉先はやや窪むようなものも見られます。

 

葉身の長さ1

葉身は長さ、4.5cmくらい。

 

葉身の幅1

定規の角度が悪いですが、幅は3.5cmくらい。

 

葉身の長さ2

葉身の幅2

こちらは長さも幅も同じくらいで、ほとんど円形。

 

葉柄

葉柄は5mmくらい。

 

葉表1

葉表2

葉表3

葉表の鱗状毛。遠目にはそんなに感じませんでしたが、こうしてみるとけっこう褐色がかったものが多く混じって見えます。こういうものなのか、それとも落ちる前の様子なのかな。わかりません。

 

葉裏1

葉裏2

葉裏の様子。褐色の鱗状毛が点々とある。

 

トゲ1

トゲ2

探すといくつか短枝が変化したトゲが見られました。

 

-------

ちょっと感じが違う気がしたもの 果実の写真1

ここからは全体に葉が小さめのせいか少し違う雰囲気があったもので、マルバアキグミかなという気はするのですが、一応別に分けて載せておきます。

 

ちょっと感じが違う気がしたもの 果実の様子2

ちょっと感じが違う気がしたもの 果実の様子3

痩せたものが多く、果実の状態があまりいいものがありません。

 

ちょっと感じが違う気がしたもの 若い果実

まだ若い果実がけっこうありましたが、ほぼ球形というより楕円形。

 

ちょっと感じが違う気がしたもの 葉の様子

葉はだいたい丸みのある楕円形をしていますが、葉の質がはじめに載せているものよりやや薄いような、かといってアキグミほど薄くもない、・・・そんな感じでした。

 

ちょっと感じが違う気がしたもの 葉の長さ

葉身は3.5cmくらいで全体的に最初に載せたものより見た目にも小型の葉ばかり。

 

ちょっと感じが違う気がしたもの 葉の幅

幅は2.5cmくらい。幅が狭めですが、バランスからいうと十分な幅?

 

ちょっと感じが違う気がしたもの 葉表

その葉表の鱗状毛。

 

ちょっと感じが違うきがしたもの 葉裏

葉裏の鱗状毛。

葉の色がよくないような、株自体も勢いがないような、そんな感じもしたので単に状態のよくないマルバアキグミの株ということなのかもしれません。

 

マルバアキグミで検索していろいろ調べてみても、葉の形状にいまいち統一性がないというか、葉先が丸ければマルバアキグミとするような感じもあるし、葉の様子のみではちょっと見分けが微妙なこともあるのかもしれませんが、記事前半に載せたものは、明らかに葉の形状が丸いことに加え厚みもあり、マルバアキグミと考えて良さそうに思います。

花の様子などについては、また来年にでも見てみたいと思います。

 

-------

別な場所 厚みが微妙な株

(10月上旬)別な場所での株。果実はありません。

葉は丸くマルバアキグミのようなのですが、厚みがアキグミほど薄くもなければこの記事に最初に上げたものほど厚くもなく、中間的な厚み。

 

(追加画像)

4月の様子

(2018年4月中旬、3枚追加)

 

蕾の様子

アキグミは咲いていましたが、マルバアキグミはいずれもまだ蕾でした。マルバアキグミの方がアキグミよりちょっとだけ花期が遅いということかな。

 

葉裏の様子

葉裏の様子。

あらためて見てみると、昨年書いたときにはタイプがいくつかあるように感じましたが、この時期に見た様子は差を感じませんでした。微妙な個体差だったということかな。ただアキグミとはこの時期の様子ははっきり違うのは分かりました。

 

☆関連記事リンク☆

 

広告を非表示にする