Familiar Flowers 2

身近で咲く花たち。

オカヒジキ Salsola komarovii

全体像1

海岸の砂浜などに育つヒユ科の植物。

 

全体像2

点々と砂浜に生えています。

 

花の写真1

花は葉腋に付きますが、黄色の葯がちょっと目に付く程度で分かりづらい花です。

 

花の写真2

2枚の苞の間に咲いています。花被片は5枚だそうですが、やや白っぽい部分がそうなのかな~とは思うもののはっきりとは様子がつかめない感じ。

 

葉先の様子1

葉先の様子2

葉は線形で多肉質。葉先に目立たない小さなトゲがあり、植物体に触れていると少々チクチクします。

 

葉の長さ

長めの葉を測って、長さは2.5cm程度。

 

葉の幅

葉の幅は1cmちょっと。

 

茎の様子

砂に埋もれていて下の方はわかりませんが、茎の様子。

 

花後の果実を包む花被

花後の様子。花被が果実を包みます。

 

やや充実してきた果実

やや充実してきている果実の花被の様子。

似た花にハリヒジキ(Salsola kali ssp. tragus)があり、そちらは果実を包む花被の上部が翼状に広がるようです。ハリヒジキの実物を確認したことがありませんが、画像など見るとまるで花のような感じで翼が張り出すようです。(追記:下の追加画像内の文章にも書きましたが、そもそも草姿が違うのかと思いました。)

 

(追加画像)

河口付近のもの 果実1

(9月中旬、以下4枚追加)河口付近の砂地で見かけたもの。

 

花被が広がっている

かなり花被が広がり花のようになっていたので、もしやハリヒジキ?と思ったのですが、画像検索で海外のものを見ると、この程度の様子ではなく本当の花のような様子ので、これはオカヒジキのようです。

そもそも、「回転草=ハリヒジキ(S. tragus)」または、回転草は複数のオカヒジキ属の総称であるとしても「ハリヒジキが回転草の一種」というならば、草姿がこんもり丸くなっていない時点で見分けられるし、果実期の花被片の様子を確認して「ハリヒジキかも?」なんて考える必要がないのかも。今回のものも海岸のものもいずれも砂浜に這うように広がっていたものなので。

 

横からみた様子

横から見た様子。

 

あまり広がっていないもの

同じ株内でも果実の熟し具合が若いものは、海岸の砂浜で撮ったものと同じ様子。

 

-------

海岸の砂浜のもの 秋

(さらに追加)

海岸の砂浜のものはけっこうな大株になっていました。

少々高さは出ていましたが横に広がる草姿で、丸くはならない。

 

その果実1

その果実2

その果実3

熟した果実。

 

その若い果実

河口の砂浜で撮ったものほど、花被が広がったものはないようでした。

それと熟した果実ではさらに翼が目立たないものばかりのようでしたが、どういうことなのか。たまたまそういうものばかり見たのか、それとも熟す頃には目立たなくなるものなのか。

 

その若い果実 大きさ

一応大きさ。これはそれなりに翼が目立つかな。

 

広告を非表示にする