読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Familiar Flowers 2

身近で咲く花たち。

ハルシャギク Coreopsis tinctoria

キク科

花の写真

暑い夏の盛りに道路縁などで見かけるキク科の花。

 

筒状花、雄しべ

頭花は8枚の舌状花と中心の多数の筒状花から出来ていて、はじめはこの写真のように雄しべが見えているようです。

 

筒状花、雌しべ

どのくらいで切り替わっているのかわかりませんが、途中からこちらの写真のように2裂した柱頭がくるっとなった雌しべに入れ替わります。

 

葉の様子

葉はいわゆるコスモスに少し似た感じの細い葉で、1~2回羽状に深裂します。

そのコスモスは和名ではオオハルシャギクといいますが、ハルシャギクハルシャギク属(Coreopsis)コスモスコスモス属(Cosmos)なので近い仲間というわけではありません。

 

花後の状態。

 

果実(痩果)の様子。

 

花の写真2

可愛らしく暑さに負けない元気なハルシャギクですが、和名の由来は波斯(ペルシャ)の菊でペルシャとは全く関係ない謎のネーミングです(笑)

また、花の中心がチョコレート色になっていてそれを蛇の目傘に見立てジャノメギクとも呼ばれます。

一般的には写真のタイプが多いですが、中心のチョコレート色部分は舌状花全体に広がるものから、うっすらとしかなくほぼ黄色の花に見えるタイプまで株により差があります。

 

広告を非表示にする