Familiar Flowers 2

身近で咲く花たち。

シロバナサクラタデ Persicaria japonica

花の写真

湿地に生えるタデ科の植物で、基本的に枝垂れるように長い穂状の花序が伸び花は上向きで、完全に開かない咲き方をしています。

 

短花柱花

異形花柱性で長花柱花と短花柱花の2タイプがあり、写真は短花柱花。

 

長花柱花

こちらは雌しべが花被より長く出る長花柱花。花柱が2分岐している。

他の花でも見られますが、自家受粉を避ける仕組みのようです。

 

葉の様子

葉表

葉の表面には短い毛が見えます。

 

葉裏

あまり写真がよくないですが、葉裏にも毛があり腺点もあります。

 

托葉鞘

托葉鞘の縁には長い毛がある。表面にも毛が見える。

 

花の写真2

タデ科の花は小さいものが多いですが、よく見ると可愛らしい花も多いです。シロバナサクラタデはその中では比較的大きめの花で美しい花の一つです。

ちなみに「シロバナ」とつくものは元の花の白花種につく場合が多いですが、シロバナサクラタデはサクラタデの白花ではなく別種です。

 

☆関連記事リンク☆

 

広告を非表示にする