読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Familiar Flowers 2

身近で咲く花たち。

ナズナ Capsella bursa-pastoris

花の写真1

畦道から舗装された道端や乾いた土地、公園の芝生まで幅広い範囲で見られます。

 

花の写真2

いいアップの写真が撮れてなかったので昨年の写真。

白い小さな花は、花弁は4雄しべが6。

 

花の写真3

こういう写真だけで見ると先にあげたタネツケバナなどと同じアブラナ科なので似ていますが、草丈がナズナの方が一般的にはずっと大きいですし、

 

果実の様子

果実はまったく違ってハート型のような形をしています。

この形が三味線の撥に似ていることから「ぺんぺん草」とも呼ばれています・・・って子供の頃は指を擦り合わすようにして果実を「ぺんぺん」と鳴らして遊んだりして、だから「ぺんぺん草」なのだと思ってましたが、三味線の撥ありきだったのか。そういえば、子供心にそんなに「ぺんぺん」なってる気もしなかったし(笑)

 

茎上部の葉

茎上部につく葉の様子。基部は茎を抱き縁は切れ込まない。

 

株元の葉1

株元のロゼット状になった葉の様子。深い切れ込みの葉とそうでない葉があるようです。

 

株元の葉2

深く切れ込んだ葉の様子。

 

小さな個体

草丈6,7cm?と小さく咲いているナズナ

 

花の写真4

いわずとしれた春の七草の一つ。食用や民間薬として、或いは先のペンペン草としての遊びもですが、昔から人と関わりの深い植物です。

 

広告を非表示にする