Familiar Flowers 2

身近で咲く花たち。

オオナワシログミ(フユグミ) Elaeagnus x submacrophylla

花の写真

海岸で見かけたグミ科の常緑低木。オオバグミ(マルバグミ)とナワシログミの交雑種とされます。

 

全体像1

グミの仲間は花が春~初夏咲きのものと秋咲きのものに分かれます。春・初夏に咲くグミは落葉性で、秋咲きの方は常緑性のようです。

 

全体像2

グミの仲間は見分けがややこしいところがあるで、頭を整理しながら考えていくと、葉腋などにトゲが見られないことから秋咲きの中でもナワシログミはまず除外されます。

また、枝ぶりや葉の形や葉裏の色などから、ツルグミとマルバツルグミ(ナワシログミとツルグミの雑種)、アカバグミ(ツルグミとオオバグミの雑種)も外せます。

 

花の様子 横から

花弁に見えるのは萼で、先が4裂します。

 

花の大きさ

萼の筒部の長さは、7mmくらい。萼裂片は4mmくらい。

残るはオオバグミとオオナワシログミになりますが、オオバグミは筒部と裂片の長さがほぼ同じくらいなので様子が一致しないようです。

オオナワシログミの片親のナワシログミの萼筒の長さは7mmくらいとされているので、長さ的にはそれに近いと思われます。

といったことから、角ばった形などはオオバグミの花に近く、長さはナワシログミに近いという中間的な様子といえ、オオナワシログミが考えられると思います。

 

花の様子 下から

花を覗いてみると、雄しべ4と雌しべ1が見えました。

 

 

蕾の様子

蕾の様子。

 

葉の様子1

葉の様子2

葉の様子3

葉は楕円形~卵形といった感じ。

表面はやや鱗状毛が残っていたりするものの、光沢があります。

縁はやや波打っているものがあります。特に内側(裏側)に巻く様子は見られませんでした。

 

葉の幅1

葉の幅2

葉の幅3

それなりの大きさの葉を測り、葉の幅はだいたい4cmくらい。

 

葉の長さ

葉と葉柄の長さ

葉身は長さ5cmくらい、葉柄は1cmあるかないか程度。

葉身は5~10cmとされるオオバグミとしては短いようです。

また、いくつか画像などを見ましたが、オオバグミは葉柄がもっと長い(2~3cm?)ものが普通にあるかと思われます。さらに探していると1.0~2.5cmという情報も見られました。なのでやはりオオバグミの葉柄はもっと長いのが普通と思われます。一方、ナワシログミは0.6~1.0cmとのこと。

これらのことから、葉の様子自体はオオバグミ、葉柄が短さはナワシログミとなるので、やはりここでも両者の交雑種とされるオオナワシログミと考えられるかと思います。

 

葉表1

葉表2

葉表の様子。鱗状毛は成葉ではほぼ落ちているようです。

 

葉柄

葉柄にはけっこうびっしりと見られます。

 

葉裏1

葉裏2

葉裏3

葉裏は白い鱗状毛が密生し銀色に見えます。光沢具合は微妙?

ところどころ淡褐色の鱗状毛があります。

 

若い葉1

若い葉 葉表

若い葉では葉表にも鱗状毛が多く、褐色の鱗状毛も点々とあります。

 

若い葉 葉裏

裏側はより鱗状毛の密度が高い。

 

若い葉2

若い葉 葉表 鱗状毛

出たばかりでもない若い葉の表は鱗状毛がそこそこ残っていました。

 

若い枝1

若い枝2

先の方の枝は赤褐色の鱗状毛が密生し赤く見えます。

オオバグミにしては赤味が強いのかなという気がします。

 

枝の様子

少し基部よりの枝はやや白っぽさの方が強くなっていました。

 

 

全体像3

そんなわけで、

主には、花の様子(萼筒の長さ、あるいは筒部と裂片の長さのバランス)と葉の様子(広い葉でありつつもそれほど大きくはなく、葉柄が短い)から、オオナワシログミと判断しました。

グミ科の植物を載せたのは初めてでしたが、オオバグミもナワシログミも様子を確認していないのに、いきなりややこしそうな交雑種からになりました。交雑種となるといくつかパターンがあるのかもしれないし、まだ果実の様子は確認していないので、春に果実をみたら「あれ?」となる可能性もありますが(笑)

オオバグミはそれらしきを見た記憶がないですが、ナワシログミはどこかにあると思うので、見かけたらよく観察してみたいと思います。

 

広告を非表示にする