Familiar Flowers 2

身近で咲く花たち。

コゴメイヌノフグリ Veronica cymbalaria

花の写真

河川沿いに咲いていたオオバコ科の白い小さな花。

野草はそうとう久しぶり。

 

全体的な様子1

小石川植物公園で研究用に持ち込まれたものが逸出、東京都内で野生化しているといった話がよく見られます。

なので、特に情報がないのでわかりませんが、茨城県ではそう多くないかもしれません。今回初めて見かけました。

 

オオイヌノフグリ(左)とコゴメイヌノフグリ(右)

同じ場所で咲いていたオオイヌノフグリ(写真左の青い花)と比較すると一回り小振り。

 

花の大きさ

花径は7,8mm。

オオイヌノフグリもこのくらいのサイズの花の場合はよくあることので、平均的には一回り小さいといったところ。

 

花の様子1

花の様子2

花の様子3

花は白色で内側が黄緑色を帯びる。

花冠は4深裂で裂片は丸みを帯び、下側の1枚は少し小さい。

 雄しべは2、雌しべ1。雄しべがやや長い。

 

萼の様子

萼裂片も4つ。開出する長毛がある。

 

花序の様子

上部の茎の葉腋ごとに長い花柄を1本ずつ出し花を咲かせる。

花を付ける上部の茎では葉の付き方は互生。

 

下部の葉の付き方

それ以下では対生に付く。

 

葉の様子 全体

葉表1

葉表2

鋸歯は3~5対程度。表面には開出毛が散生。

 

葉裏

葉裏、葉柄にも開出~やや縮毛が散生。

下部に付く葉の葉柄の長さは、葉身とほぼ同じくらいと長い。

 

全体的な様子2

茎はよく分岐し這い広がる。

 

茎の様子

茎は長毛があり、赤味を帯びている。

 

花後の様子

花後の様子。

 

若い果実

若い果実の様子。全体に長毛がある。

同属のよく見かけるオオイヌノフグリタチイヌノフグリのような扁平な形でなく、膨らんでいる。(熟してくる頃には、もっと膨らむ。)

他に膨らむタイプは、イヌノフグリ(果実表面に細かい毛や腺毛)、フラサバソウ(果実は無毛)など。

 

☆関連記事リンク☆