Familiar Flowers 2

身近で咲く花たち。

セッコク Dendrobium moniliforme

花の写真

樹木に張り付いて育つ着生ランの一種。

自生の野生種には出会ったことはありませんが、分布的には日本の他、中国や朝鮮半島で、北限は宮城県あたりだそうです。

水苔などを用いた鉢植え栽培のほか、庭木へ着生させたりして栽培されます。

写真のものは '友白髪' という園芸品種。

 

全体的な様子1

全体的な様子2

以前、水苔で鉢植えにしていた頃はそこそこ花が咲く程度でしたが、植木に着生させて見たところ見違えるように元気になり、株も大きくなり花数も年々増えています。

花がらも高芽も摘まずで、まったく手も掛かりません。

 花の様子2

花の様子1

花被片は内外3枚ずつの計6枚で、基本的なランの仲間の形状。

 

距の様子

距は太く短い。 

 

花の大きさ

花の大きさは、横に測って、約3.5cm。

 

花柄基部1

花柄基部2

一つの花芽に1~3個の花が咲いています。

 

バルブ

花は葉が落ちているバルブ(偽鱗茎)の節で、花を付けたバルブは再び花や葉をつけることはなく、萎れていきます。

 

葉の様子1

花を咲かせていないバルブ。

葉は2~4枚ほど付けています。

 

葉の様子2

葉は線状披針形で先は丸い。表面は艶やか。

 

葉の様子3 斑入り

斑入りの葉。

 

根の様子1

根の様子2

着生している根の様子。

(株元付近にあるのは取り除ききれなかった乾いた水苔。)