Familiar Flowers 2

身近で咲く花たち。

キョウチクトウ Nerium oleander var. indicum

花の写真

庭木などとして植えられる常緑低木(小高木)の花。

名前は、「竹」のような葉をし「桃」の花のような花を咲かせることから付いた中国名「夾竹桃」を音読みしたもの。

 

花の写真2

ということで一番最初の写真は桃色の花にしましたが、以降載せているのは観察の都合で白花のキョウチクトウで撮ったものです。

花色は白色や桃色、或いは赤色などがあり、八重咲きの品種もよく見かけます。

 

全体像

写真のものは樹高は3mくらい。

この株はちょっと花期のピークを過ぎてきた感があり、花が少な目です。(後に再び満開でしたのでピークが過ぎたとは違いました。)

 

株元の様子

株立ちになり、主幹以外にも多数の幹が伸び、下の方まで枝葉が茂ります。

 

花の様子1

花の様子2

花冠は裂片5枚、喉部には副花冠があります。

 

花の大きさ

花径は5cmくらい。

 

花の様子3

花の様子4

毛が密生した捻じれたものが見えますが、これは葯の先端につく付属体。

雌しべは葯に囲まれて奥に隠れているので、外からは全く見えないようです。

 

花冠 筒部

花冠の筒部。

 

花序

花序は集散花序。

 

葉の様子

葉は狭い楕円形。

 

葉の幅

幅は写真のもので2.5cm。長さは長いものでは20cmくらいありました。

 

葉表

葉裏

葉裏の様子1

両面ともに無毛。

 

対生1

対生2

輪生

葉は対生していることが多いようでしたが、3輪生状になっている部分もありました。

 

若い果実

果実はあまり出来ないようですが、探すといくつか若い果実がみつかりました。

果実は袋果で、成熟していくにつれ角状に長くなり最終的には十数センチから20cmくらいにもなるようです。

 

若い果実の表面

表面には毛が生えていました。

 

若い果実の長さ

現時点では1.7cmくらい。萼も花時より長くなっているようです。

もしかしたら、このあと結実することなく落ちてしまう可能性もありますが、またそのうち様子を見てみたいと思います。

 

伸びてきた果実

(7月上旬)

早くも9cmほどの長さになっていました。

 

7月の満開

(7月中旬)

再び花が満開状態になっていました。

広告を非表示にする