Familiar Flowers 2

身近で咲く花たち。

タチアオイ Alcea rosea

花の写真

よく庭などで栽培されているアオイ科の花。

 

全体的な様子

草丈は2mくらいにまで育ちます。

 

花の写真2

花の写真3

花色や八重など咲き方は様々な園芸品種があります。

 

花径

花径は10cmくらい。

 

雄性期の花

雄性期の雄しべ。

 

雌性期の花

雄性先熟で、雌しべの柱頭が出てきたもの。

多数の雄しべの花糸が筒状に合わさっていて、その中から雌しべが出てきます。

花柱はいくつかわかりませんが多数分岐しています。

 

萼や副萼の様子1

萼や副萼の様子2

萼、副萼(苞)、花柄に星状毛が見えます。

 

葉の様子1

葉の様子2

葉は下の方ほど大きく葉柄も長く、葉身は15cm以上ありました。

裂片は5~7つに切れ込みます。園芸品種によっては写真のものより切れ込みが深いものもあります。

 

葉表 基部

葉表 縁

葉の基部は心形ですが、重なり合うくらいのものもあり、葉の縁には不揃いな鋸歯がある。

 

葉裏の様子

葉裏は葉脈上に星状毛が目立ちます。

両面とも星状毛があるようですが、撮り方が良くなかったので、かなり画像を拡大すると少々見えますが、失敗しました。(下に追加画像)

 

葉柄の様子

葉柄にも星状毛があります。

 

茎の様子

茎の毛は星状毛といっていいのか、2本程度の束の毛がほとんどに見えます。

(下に追加した別場所の茎では星状毛でした。)

 

株元の様子

株元から複数の茎が立ち上がっています。

 

-------

花の写真

(6月中旬、以下4枚)別な場所の花。

 

葉表の星状毛

葉表の星状毛の様子。

 

茎の星状毛

今回の株では、先に載せたものの茎の毛と違ってしっかりと星状毛がありました。

 

花後

花後の様子。

 

広告を非表示にする