Familiar Flowers 2

身近で咲く花たち。

ケナシニオイタチツボスミレ(テリハニオイタチツボスミレ) Viola obtusa f. nuda

花の写真

ニオイタチツボスミレの一品種。

 

全体像

なんとなくこれまで見たことがあるニオイタチツボスミレより葉の茂り具合が凄くて目を引いたので足を止めて見てみたことで、気づきました。

 

花の様子

側弁無毛や柱頭の様子、丸みを帯びた花弁や色合いなどは特に変わりなし。

 

花柄などの様子1

花柄などの様子2

距の太い感じも同じですが、花柄が無毛なことが特徴。

 

葉の様子1

葉の様子2

別名が「テリハニオイタチツボスミレ」ですが、そういわれて見るとニオイタチツボスミレの葉の方はもっと艶消し感のある葉をしているかも。

微妙にですが、こちらは少し緑が明るく感じる気はします。

 

葉裏

一応葉裏の様子。

 

托葉の様子

托葉の様子。くしの歯状。

 

今回見たものはやたらと葉が茂っていましたが、無毛であることと、葉の質感がやや照りがあるのかな~と感じること以外とくに変わりないし、ニオイタチツボスミレの記事に追加して置こうかなと思ったのですが、最近樹木系が多くて野草感が減っているので、別記事で載せることにしてみました。

因みに、周囲には少し離れてタチツボスミレが数株咲いていただけで、この一株だけでした。

 

☆関連記事リンク☆

 

広告を非表示にする