Familiar Flowers 2

身近で咲く花たち。

タマスダレ Zephyranthes candida

花の写真1

海岸の草地に生えていたヒガンバナ科の植物。

どういう経緯でこんなところで咲いているのかは分かりませんが、一般的に園芸栽培される花です。

 

花の様子

花は上向きに咲き、白い花被片に黄色の葯がアクセントになり可愛らしい様子。

 

葯の長さ

葯の長さは8mmくらいありました。

 

花径

花径は5cmくらい。

 

花の様子 横アングル

苞葉

紫味を帯びた苞葉の様子。花は一つの花茎に一つ。

 

葉の様子

葉は線形で厚みがあります。

葉の幅が2mmほどでしたが、この個体の葉は通常よりほっそり目(普通は3~5mm程度かなと思います。)

葉数もあまりありませんでした。

 

果実の様子

ここからは庭のタマスダレで撮った果実や種子の様子。

果実は通常3室に分かれた形をしています。

 

裂開した果実

裂開した果実 発芽している種子

裂けると種子が出てきますが、よく見るとすでに発芽しているものがありました。

 

 

種子の大きさ1

種子の大きさ2

種子の長さは6~7mmくらい。スイカを切ったような形?で片側に厚みがあり、幅は3mm程度でした。

 

広告を非表示にする