Familiar Flowers 2

身近で咲く花たち。

カラミント(オオトウバナ、カラミンサ ネペタ) Calamintha nepetoides

花の写真1

アスファルトとコンクリートの隙間に咲いていたシソ科の植物。

基本的に園芸植物として栽培されているもので、民家周辺にちらほら見られるといった感じです。

 

全体像

茎葉よく分岐しています。

 

花の様子

花はシソ科らしい様子(唇状花)で、下唇は3裂し表面には紫色の斑点がいくつか見えます。

 

花の様子 横アングル

花の大きさを測り忘れました。たぶん萼筒入れて1.5~2.0cmくらいだったかなと思います、記憶では(苦笑)

 

花序の様子

(2015年8月下旬)

今年撮ったものより咲き進んだ状態かなと思います。

Ylistを見ると「オオトウバナ」という別名があるようだったのでタイトルにも記述しましたが、この花序の様子を見ると確かにトウバナに似た感じに見えます。(大きさがだいぶこちらの方が大きいですが。)

園芸植物としては「カラミンサ」や「カラミンサ ネペタ」などと呼ばれているようです。

 

萼の様子1

(2015年8月下旬)

萼筒の上側に短い萼歯が3つ、下側に長いものが2つあり、短毛が生えています。

 

萼の様子2

上の画像のトリミング。

黄色っぽい腺点らしきがあります。小花柄の基部にある線形のものは苞葉かな。

 

葉の様子

(2015年8月下旬)

葉の形もトウバナに似ています。

 

葉裏の様子

(2015年8月下旬)

葉裏には腺点が見られます。

葉は指でこすると香りがありますが、属名のCalaminthaの「Cala」は美しいとか華やかという意味があるようで、後半の「mintha」はミントなので美しいミントということになるようです。

 

広告を非表示にする