Familiar Flowers 2

身近で咲く花たち。

チドメグサ Hydrocotyle sibthorpioides

全体像1

公園の植栽の陰でみかけたウコギ科の植物。

 

花の写真1

散形花序に花を咲かせますが、足を止めしゃがんで覗き込んてみないと花が咲いていることに気づくのが難しい大きさ。

花弁、雄しべ5で雌しべの花柱は2つに分かれています。

 

花序の大きさ

花序の径でも3mmあるかないかで、一つの花の大きさは1mm程度しかない。

 

花の写真2

この写真の様子は、花弁と雄しべがしおれてきていて雄性期から雌性期に移行してきたところかなと思います。

 

葉の様子

花序の柄の長さは葉柄より短いかほぼ同じくらい。

葉の基部はあまり開かず、縁は浅く5裂し鋸歯があります。表面は無毛かほぼ無毛。写真のものは拡大してみるとごくわずかに毛が確認できます。

 

葉裏の様子

裏面も無毛かほぼ無毛。表面と同じように写真のものはごく僅かですが毛が確認できます。

 

葉の大きさ1

平均的な葉で横幅は1cmほど。

 

葉の大きさ2

大きめの葉でも1.5cmくらい。

 

全体像2

名前の由来は、葉を揉んで出た汁を傷口につけて止血に用いられたことから、「血止草」です。

 

☆関連記事リンク☆

広告を非表示にする