Familiar Flowers 2

身近で咲く花たち。

アゼナ Lindernia procumbens

花の写真1

その名の通り、畦など湿地で育つアゼナ科の植物。

 

全体像

多数分岐してこんもりと広がります。

 

花の様子

花は唇形花。上唇は浅く2裂し、下唇は3裂します。縁や上唇背面がほんのりピンク色。

葉腋から花が単性しますが、タケトアゼナや特にアメリカアゼナと比較すると対生に花がつく率がかなり高い傾向があるそうです。

 

花の幅1

花の大きさは少々バラつきありますが、写真のもので幅5mm程度。

 

花の幅2

こちらの花は幅が6mmちょっとあります。ミリ単位ですが小さな花なので1mm違うとけっこう大きく見えます。

 

花の長さ

花の長さは萼筒もあるのでだいたいですが、7~8mmくらい。下唇の開き具合(正面から平面な感じ)にもよるかと。

 

花の長さ 落ちていた花

落ちていた花で測ると5.5mmくらい。下唇が開いているし全体に縮みもあるかもなので参考にならないですが。

 

葉の長さと果柄

写真のもので葉の長さは1.5cmくらい。

果柄は葉と同じくらいか長めで、葉先より先に果実部分が飛び出しているものが多いです。

 

葉の様子1

葉の様子2

葉は卵形~楕円形といった感じで柄がなく茎を抱きます。

 

上部の葉

葉は全縁とされますが、上部の葉にはわずかに痕跡のような小さな鋸歯が数個見られました。

 

細かな鋸歯のようなもの

さらによく見ると非常に細かな鋸歯らしきが見えます。今回はじめて気づきました。

 

中間の葉の様子

中間くらいの葉になるとほぼ全縁です。(葉によっては痕跡みたいなものはあったりするかも)

 

最下部の葉

最下部の根生葉のような葉はくびれがあって基部が葉柄状になっていました。

 

花の写真2

似た花にはアメリカアゼナやタケトアゼナがあり、同じ場所でよく見られます。

 

☆関連記事リンク☆

 

広告を非表示にする