Familiar Flowers 2

身近で咲く花たち。

ネジバナ Spiranthes sinensis var. amoena

花の写真 全体像

道端や芝生などによく見られるラン科の花。

まだ咲き始めたものがちらほら出てきたところです。

 

花の様子1

花は写真のもので横幅4mmでしたが、側萼片の開きが完全でない状態なのでもうちょっとあるかも。縦に測って5mmで、花の長さも5mmくらいでした。

唇弁の縁は細かく裂けています。小さな花といってもそこまで小さくはないと思いますが、裂け方が細かさの限界のような質感だな~とよく思います。

 

花の様子2

(2016年6月中旬)

側花弁がもう少し開いている様子。

 

花の様子3

この写真の花の内部にはずい柱の先端部分が見えていて、黄色っぽいものは花粉塊かなと思います。下の方に見えるのは少々ばらけた花粉かな。

 

花軸などの様子

花軸や子房、花被に腺毛が見られます。(内花被片3枚(唇弁と側花弁2枚)にあるかどうかはよくわかりません。)

 

苞葉

花ごとに苞葉があります。苞葉には腺毛がないようです。

 

茎につく葉1

茎につく葉2

茎に沿っているので目立ちませんが、鱗片葉が2,3枚あります。

 

刈られてしまっている葉

根生葉は芝生に生えているものは芝ともども刈られていて、ちゃんとした状態が見られないことが多いですが、特に問題なく咲くようです。

 

根生葉の様子

庭や他の鉢に生えていたものを鉢植えで育てているもの。

根生葉は最下部のものはけっこう幅が広い。

 

葉の様子1

葉の様子2

葉がたくさんあるので、芝生で見かけるものとはちょっと印象が違って見えます。

 

蕾の様子

別鉢ですが、出てきたばかりの蕾の様子。

 

 鉢植えの花

(2017年7月上旬)昨年の花の様子。

 

右巻き左巻き

(古い写真。撮影日不明)

名前の由来はそのまま捻じれているからなのですが、左巻きのもあれば右巻きのものもありますし、一直線にストレートな咲き方のものもあります。

 

9月に咲いていた花。

(2016年9月上旬)

また、秋に咲くものはアキネジバナ(f. autumnus)ともいわれるようです。

といっても、開花時期以外に違いはないらしい?ので単に秋に咲いただけのような感じもありますが、一応そうしておこうと思います。

広告を非表示にする