Familiar Flowers 2

身近で咲く花たち。

ヤブニッケイ Cinnamomum yabunikkei

花の写真1

林の縁に見かけたクスノキ科の常緑高木。

 

枝から出る花序の様子

当年枝の葉脈から散形花序をだします。

 

花の写真2

花被は6裂し平開せず丸っこい感じの花。

雄しべは12ということらしいですが、仮雄しべがいくつとか、腺体はあるのかなどについてはよくわかりません。

 

花の写真 後ろアングル1

花の写真 後ろアングル2

花を後ろから見た様子。

 

花径

花径は4mm程度で小さいです。

 

花柄の長さ

花柄の長さはバラつきあるかと思いますが、写真のもので6cm程度。

 

葉の様子

葉は互生。革質で艶があり3脈が目立ちます。

 

葉の長さ

写真のもので長さは9cm弱。

 

葉脈の様子

3行脈の2つの側脈は葉の中ほどすぎで見えなくなっています。

また、葉は全体にゆるく波打っています。

 

葉表

クスノキにあるようなダニ室はない。

 

若い葉

枝先の方の若い葉の様子。

 

葉裏の様子

葉裏(右側)はやや白っぽい緑色。

 

樹皮 幹の様子

若い木の樹皮。

 

(追加画像)

若い果実

(8月下旬)若い果実。

あまり実の付きがよくないのか、たいてい1つずつでした。

 

-------

熟した果実1

(9月下旬、以下3枚追加)黒く熟した果実。

光沢があり綺麗な果実です。でも、写真ではそうでもないかも(笑)

 

熟した果実 長さ1

熟した果実 長さ2

果実の長さは1.5cmあるかないかの楕円形。

 

広告を非表示にする