Familiar Flowers 2

身近で咲く花たち。

セイヨウミヤコグサ Lotus corniculatus var. corniculatus

花の写真1

川沿いの土手に見かけるマメ科の花。

似た花のミヤコグサ(var. japonicus)より花数が多く1~7個ずつ付きます。

 

花数3のもの。

 

花数7のもの。

 

(2016年6月下旬)

花数1のもの。

 

萼には疎らに毛があります。

ミヤコグサと違い、上側の2つの萼裂片(萼歯)の間が「V」の字に開いています。

(追記: 開き具合については一概に言えないかも。萼歯と萼筒の長さのバランスがセイヨウミヤコグサは萼歯の方が短いそうです。ただどの萼歯なのかがわかりません。もうちょっとちゃんと観察しないとならないかもと思います。)

 

花が終わる頃には閉じ始めるようでした。

 

そして、果実になりはじめの状態では完全に閉じてました。

 

葉は3出複葉。托葉が小葉と変わらない大きさですが、倒卵形の小葉と違って卵形。

 

托葉の柄の基部に縁に毛が生えた小さな片があるようなないような。

これのことなのか分かりませんが、小片を托葉として5小葉と見る場合もあるようです。(追記: 先に書きましたように小葉の形と違うので托葉ではないかと個人的には考えてますが。)

 

表面にごく疎らに毛があるようです。

 

裏側にも疎らな毛があります。

 

茎なども同じような毛が疎らに生えています。

ミヤコグサは全体に、無毛。

 

果実は豆果で長い。

 

4cmくらいあるようでした。

 

似た花のミヤコグサより花数が多いのですが、草姿が間延びしているのでトータルの花数はミヤコグサとはもしかしたらそれほど差がないかも?なんて気もしますが、ここでの3株くらいしか身近では見かけない花なので、間延びした感じは環境のせいかはわかりません。他の状況での様子も見てみたいところです。

 

☆関連記事リンク☆

 

広告を非表示にする