Familiar Flowers 2

身近で咲く花たち。

オオチドメ Hydrocotyle ramiflora

花の写真1

道端などで見かけるウコギ科の植物の小さな花。

 

全体像1

小さな植物ですが、よく見ると艶々した葉で形も良く可愛らしい。

主に湿った場所でよく目にしますが、写真のような場所から芝生などでも見かけることがあります。

 

花の様子

(2016年5月末)

雄性期の花。花茎を葉より高い位置まで伸ばし、球状に集まった花序に小さな花を多数咲かせます。

花弁と雄しべは5、中心に短い雌しべが1つあります。

 

果実

雌性期の花は花弁が落ちてしまっているようで、雌しべの柱頭2つが見えます。

 

花序の大きさ

花序の大きさは4mmあるかないかといった程度で小さい。

 

葉の様子

葉は腎円形で浅い切れ込みがあり、鈍い鋸歯があります。

 

葉の大きさ

横に測って写真のもので2.5cm程度。

 

葉表

葉の表は無毛。

 

葉裏

裏面も無毛ですが、たまにごく疎らな毛が生えるものがあります。

 

全体像2

(2016年5月末)畦道のもの。

似た花にはチドメグサ、ノチドメ、オオバチドメなどあります。

オオバチドメは葉の表に毛があり艶がなく、チドメグサやノチドメは花茎が葉の位置より高くならないようです。

 

☆関連記事リンク☆

 

広告を非表示にする