Familiar Flowers 2

身近で咲く花たち。

コメツブウマゴヤシ Medicago lupulina

花の写真1

(2016年5月中旬)

アスファルトの駐車場縁に咲くマメ科の花。 

 

花の写真2

今回、天候が悪く綺麗に撮れなかった上に、花がしっかり開いているものもあまりないようでした。開閉運動してるのかな。

 

コメツブウマゴヤシとコメツブツメクサ 混生

因みに、先の写真でも端っこに写ってましたが、コメツブツメクサ(Trifolium dubium)と混生していました。

写真中央から左側に見えるレモン色の花がコメツブウマゴヤシで、右側の方に見える濃いめの黄色をした花がコメツブツメクサ。

同じように「コメツブ」と付く小さな花ですが、よく見ると色合いも形も結構違うのがわかります。よく似てると言われる花でも属や種小名が違う場合、実際に見るとたいていそうでもないことが多いです。

 

花序の大きさ 上から

花序を上からみた径は5mmほど。

 

葉の様子

葉は3出複葉で小葉の上半部に低い鋸歯があり表面には白っぽい伏毛があります。

 

葉裏

葉の裏の様子。表よりやや多めに伏毛が生えています。

 

托葉

葉柄基部に托葉があります。

 

果実の様子1

(2015年5月下旬)

果実の様子。表面に腺毛がたくさん生えています。

 

果実の様子2

今回撮ったものも同じく腺毛が生えています。

果実に腺毛があるもの(果実だけでなく茎や葉裏の葉脈などにも腺毛があるものという情報も)は、ネバリコメツブウマゴヤシ(var. glandulosa)という変種に分けられることがあるようですが、The plant listを見るとシノニムとされているようであり、変化が連続的という情報もいくつかあったので、分けて考えないことにしました。

 

☆関連記事リンク☆

広告を非表示にする