Familiar Flowers 2

身近で咲く花たち。

ツルマンネングサ Sedum sarmentosum

花の写真1

川岸などの護岸された場所や道路の縁石沿いなどで見かけるベンケイソウ科の花。

 

花の写真2

遠目には満開時、全体が黄色に染まって見えますが、似た花のメキシコマンネングサと比べると葉の色などが明るいせいか、一つ一つの花としてはコントラストがいまひとつ。

花序は茎の先で3つに分岐しそれがさらに2又にわかれる感じ。

 

花径

花径は1~1.5cm程度あり、メキシコマンネングサより大きめ。

 

全体像

走出枝

大きな特徴は匍匐枝を出すこと。

 

花を咲かせる茎

花を咲かす茎、匍匐枝ともに3枚輪生です。

また、花を咲かせる茎は特に立ち上がる様子はないようです。

 

葉の様子

葉は披針形(あるいは倒披針形)でメキシコマンネングサのものと違いが幅のある葉をしています。

 

花後の様子

(2016年6月中旬)

けっこうあちこちで見かけるわりに花は不稔でなので、花後は写真のようになって終わりです。

 

☆関連記事リンク☆

 

広告を非表示にする