Familiar Flowers 2

身近で咲く花たち。

ハナウド Heracleum sphondylium var. nipponicum

花の写真1

河川の近い林の縁で見かけたセリ科の花。写真のものは草丈120cmくらいかなと思いますが、近づけないもっと奥の方には人の背丈ほどのものもありました。

 

花の写真2

セリ科らしい複散形花序。花序全体で見た直径は16cmくらいかもう少しありました。

 

小花序の大きさ

一つの小花序の径は4cmくらい。

 

外側の花の外側の花弁

外周に咲く花の外側の花弁は他の花弁より大きい。

 

内側の花の径

内側の花の大きさは、5mmくらい。

 

外側の花の径

外側の花の径は花弁の大きさもあり1cmくらいありました。

 

小総苞片

ざっと見た感じ、小総苞片はだいたい3~5くらいついてたようです。

 

大花序の基部

一方、総苞片はありませんでした。

 

蕾状態の大花序の基部

ただし、まだ蕾のものには総苞片が1枚だけですがついているものがありました。

 

葉の様子1

葉は3出複葉または羽状複葉で小葉は浅裂~中裂、鋸歯があり先が尖る。

 

葉の様子2

これはかなり長い柄があり、よく見えなかったものの根生葉のような感じでしたが、羽状複葉でした。

 

葉表

葉の表に毛が生えています。

 

葉裏

葉の裏の様子。同じく毛が生えています。

 

葉柄の基部

葉柄の基部の鞘状になった部分。

 

茎の様子

茎の毛の様子。

 

花の写真3

ウドとつきますが、ウドはウコギ科なので仲間ではありません。花期も違うし花も葉も特に似ていないように思いますが、名前は花の目立つウドといった意味合いのようです。

 

☆関連記事リンク☆

 

広告を非表示にする