読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Familiar Flowers 2

身近で咲く花たち。

ムシトリナデシコ Silene armeria

花の写真1

道端に見られるナデシコ科の花。

 

鱗片

花弁には鱗片が2つずつ付き、副花冠のようになっています。この仲間(Silene)の特徴のようです。

 

花径

花径は1.5cm程度。

 

萼の長さ

萼の長さも1.5cmくらい。

 

節間の粘液部

茎の上部の方には粘液を出す部分があり、べた付きます。

これがムシトリ(虫取り)の由来。

一般的には下から登ってくる虫など、受粉に役立たない虫への足止めと考えられているようです。

実際、小さな虫らしきが付いているものがありましたが、それはそれでかわいそうなので画像はやめました。

 

花と昆虫

そんなこんなしていると、やたらと大きい虫がやってきました。ちょっと調べた感じではニッポンヒゲナガハナバチかな?

 

茎や葉

茎葉の様子。

 

花の写真2

けっこうあちこちで見かけるようなイメージもありますが、他の植物もたくさん生える草地などにはあまり見かけず、どちらかというと栽培品の逸出で民家周辺のこうした場所でよく見かける花です。

 

広告を非表示にする