Familiar Flowers 2

身近で咲く花たち。

オヤブジラミ Torilis scabra

花の写真1

林の縁や、草むらなどで見かけるセリ科の花。

 

花の写真 拡大

(2016年5月中旬)

これは昨年の写真ですが、花弁5枚でうっすら紅紫色を帯び、雄しべが5本あります。雌しべの柱頭ははっきり見えませんが2つあるようです。

 

花径

花径は2~3mm程度。

 

花序

花序は複散形花序。小花柄の長さが不揃い。

 

総苞片

細い総苞片がひとつありました。

 

小総苞片

小総苞片は小花柄に沿うように一つずつ付いている。

 

葉の様子1

中間につく葉。

 

葉の様子2

下部の葉。

葉は2~3回羽状複葉。

 

果実の様子

果実には鉤状に曲がった刺毛があり、動物や衣服などにひっつきます。

 

紫色に綺麗に染まった果実

(2016年5月下旬)

今回みたものは林の縁でやや日陰気味な場所でしたが、日当たりのいいところでは、茎や葉も含めて全体が綺麗に紫色に色づきます。

名前の由来は、似た花のヤブジラミより果実が大きいとか果実(花)が少ないといったことから、頭に「雄(お)」が付いたようです。

 

☆関連記事リンク☆

広告を非表示にする