読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Familiar Flowers 2

身近で咲く花たち。

チチコグサモドキ Gamochaeta pensylvanica

花の写真1

道端の草地などどこでもよく見かけるチチコグサと付く仲間の一つ。

 

花の写真2

葉腋に複数の頭花が固まってつき、全体に綿毛が多いです。

 

上部の方

まだ上部ではかなり密集していますがだんだん伸び、頭花のかたまり同士の間隔は間延びしていきます。

 

間延びしてきた様子

(2016年6月上旬)

昨年の写真ですが、だいぶ間延びした様子。

 頭花の様子

頭花は筒状花が集まってできていますが、仲間と同じく多数の小さな雌花に囲まれ中心にいくつかの両性花があるんじゃないかと思いますが、なんとかその両性花の筒状花のらしきが写ってます。

 

 

葉の様子

葉はへら状。

 

葉裏の様子

両面とも白い綿毛が生えていますが、たとえばウラジロチチコグサのようにびっしりではないので、淡い緑色に見え、真っ白に見えるほどではないです。

 

茎の様子

茎などにもおなじような感じ。

 

株の中心付近にある葉

株の中心付近にある葉。こういう上に茎が出ずに葉だけのものがチチコグサの株の中心にもありましたが、根生葉と思っていたものの茎が短くあるようです。

ここからそれぞれの茎が分岐して伸びてるのかと思いきや、花を咲かせている伸びた茎はまた別の部分から出ていました。それでも根生葉でいいのかなぁ、いいのかもしれませんが。

 

冠毛

一部、痩果の冠毛がふわふわと出ていました。

 果実が飛んだあとの様子

痩果を飛ばした後の様子。

 

本人はモドいてるつもりもないでしょうけど、見た目も全体に淡~い感じで、チチコグサと付く仲間の中では一番地味な存在かも(笑)

 

 

☆関連記事リンク☆

広告を非表示にする