読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Familiar Flowers 2

身近で咲く花たち。

セイタカハハコグサ Pseudognaphalium luteoalbum

全体像1

空き地や道端に見かけるハハコグサの仲間。名前のように草丈が高くなりますが、今回見たものはハハコグサと変わらないような姿。これからどうなるか分かりませんが、環境的にもそこまで大きくはなれなそうな気はします。

 

全体像2

(2016年5月下旬)

昨年の写真ですが、空き地に生えていたもの。草丈は40cmくらいだったと思います。今年はこの空き地がなくなってしまったので、どこかで生えてないかな~と思ってたところでした。

 

花の写真1

頭花がかたまってつきますが、頭花は筒状花で出来ていて中心の両性花と周囲を囲む多数の雌性花で構成されていて、ハハコグサとほぼおなじような感じですが、セイタカハハコグサは少し赤っぽくみえるのに対して、ハハコグサは黄色なので印象はけっこう違います。

 

花の写真2

(2016年5月下旬)

昨年の花も一応載せておきます。

 

茎葉の様子

茎や葉にはハハコグサと同じように白い綿毛が生えています。

 

(2016年5月下旬)

 

(2016年5月下旬)

 

冠毛

痩果の冠毛。

 

☆関連記事リンク☆

広告を非表示にする