読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Familiar Flowers 2

身近で咲く花たち。

オニグルミ Juglans mandshurica var. sachalinensis

クルミ科

河口付近の川沿いでよくみられる落葉高木。ちょっと前まで白っぽく見える枝だけで寒々しい感じだったのに、いつの間にか葉が展開しはじめてるな~と。よく見てみると雄花花序もぶら下がり出してました。

 

花序の長さは写真のもので17cmくらい。風媒花。

 

よく見えてませんが、一部白くなってるのは花が開いているのかも。

 

(2016年4月下旬)

昨年の写真になりますが、雌花花序。雄花と違って赤い色をした柱頭が目立ってなかなか綺麗です。

 

樹皮の様子。縦溝が深くて影が出来ている。

 

2015年5月下旬の様子。

まだ柱頭が残る若い果実。

 

2015年6月下旬。少し充実してきた果実。

 

2016年7月中旬。けっこう周辺には苗状態のものが出ています。

 

次のも同じときの写真ですが、

アルビノのようです。

 

完全に葉緑素がないようで、茎も葉も真っ白でした。

なんとも神秘的ですが、光合成が出来ないため種子内の栄養分を使い果たした時点で枯れてしまうようです。実際、その後枯れてしまっていました・・・。綺麗と感じる気持ちと同時になんとも切ない気持ちになりました。

 

広告を非表示にする