読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Familiar Flowers 2

身近で咲く花たち。

タチタネツケバナ Cardamine fallax

アブラナ科

湿地に育つアブラナ科タネツケバナ属の花。ちゃんと咲いてない状態でしたが、今回はじめて気づいた花。草丈はたしか30cm程度だったかと。

 

よく枝分かれして直立しています。

名前に「タチ」とつくのは、別にタネツケバナが寝ているわけでもないのに変な気がしてましたが、タネツケバナより高くしっかり立っている様子からなのかな?とたぶんですが、実物を見てそう思いました。

 

さっきの全体像の写真で見ると茎上部での小葉は線形のような細い葉をしていましたが、このあたりの葉は、ほぼ3つくらいに切れ込んでます。

 

こちらは別の株の活きの良さそうな葉ですが、こちらでは小葉は5裂しています。葉の付く位置によって変わるようです。

特徴としては、側小葉の基部に托葉状の付属体があり、頂小葉は側小葉と比べて別段大きくもないようです。

 

茎に毛がけっこうあります。

 

根生葉はほぼ枯れかかってましたが、こんな感じ。

 

最初の花よりずっと丈の低いもの。こっちが普通なのかわかりませんが、根生葉がよく広がっています。

 

まだ果実をつけたものは見ることが出来ませんでした。またちゃんと花もみたいのでそのうち確認してみたいと思います。(わすれなければ(笑))

 

☆関連記事リンク☆

 

広告を非表示にする