Familiar Flowers 2

身近で咲く花たち。

ミヤコグサ Lotus corniculatus var. japonicus

花の写真1

海岸方面の草地などにみられるマメ科の花。

 

萼歯の様子

花は1~3個ずつ付き、萼は無毛。

上部の萼裂片(萼歯)が2つは先がクロスするくらいくっついています。

似た花のセイヨウミヤコグサは花数が1~7個で、花時の上部の萼裂片は「V」の字に開いています。

(追記: 萼歯の開き具合は一概に言えないかも。萼歯と萼筒のバランスがミヤコグサは萼歯の方が長いか同長らしいですが、意識した写真ではなく確認できません。なんだだかいろいろともうちょっと観察しないと意外とややこしい感じのものもあります。)

 

葉の様子

葉は3出複葉で無毛、小葉は倒卵形。托葉は卵形で小葉と同じくらい大きい。

 

葉の基部付近

葉裏も無毛。

セイヨウミヤコグサでは全体に毛が疎らにあります。

(追記: セイヨウミヤコグサを見ると托葉の柄の基部付近に小さな片があるようでしたが、この写真もあらためてよく見ると、茎と同色で見えにくいですが似たようなものがあるようなないような。なので小片を托葉とし5小葉とされる場合もあるようではありますが、先に書きましたように葉の形が違うので托葉かなと個人的には考えています。)

 

花の写真2

ミヤコグサの名前の由来は、都(京都?)によく生えていたからっていう説や、生薬名が百脈根(ひゃくみゃくこん)なので脈根草(みゃくこんぐさ)と呼ばれ、そこから訛って(みやこぐさ)になったという説があるようです。

薬草として利用があったなら、その昔、人の多かった都において需要は多かっただろうし、そうなるとそこにたくさん育つようになり、やがて各地に伝わっていくと脈根草から都草に変わっていった・・・ていうのは確かに不思議ないかも、なんて思いました。

 

(追加画像)

海岸の花

(6月下旬、以下13枚)

海岸に咲いていたもの。

 

萼は無毛 上アングル

萼は無毛 横アングル

萼は無毛。

 

葉表

葉裏

葉の両面、茎葉ともに無毛。

 

若い果実

若い果実。長さは2.2mmほど。

 

ほぼ熟してきた果実の様子

ほぼ熟した果実。

 

ほぼ熟した果実の長さ

長さは3.3cmくらい。

 

熟して裂開した果実

完全に熟して裂開していた果実。

 

種子の様子1

種子が見えます。

 

種子の長さ

種子は1.2mmくらい。

 

種子の様子2

大きさは少々バラつきあり小さめのものも。

 

全体の様子

 

☆関連記事リンク☆

 

広告を非表示にする