読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Familiar Flowers 2

身近で咲く花たち。

スイバ Rumex acetosa

タデ科

土手の草地など道端に普通にみられるタデ科の花。

写真時はまだ寂しい感じですが、真っ赤な穂はけっこう目を引く存在です。

 

雌雄異株で、雌株の雌花は雌しべがもしゃもしゃしています。

 

一つの花には柱頭が3つで、その先端が糸状に「米」←こんな感じの何倍にも分かれているようです。この辺がわかりやすいかもとトリミングしてみた画像です。

 

一方、こちらは雄株。雌株とくらべるとやや赤さが弱い。

 

雌花も同じですが花被片は内花被、外花被それぞれ3枚で計6枚で、雄しべ6個がぶら下がっています。

風媒花なので、この状態で揺すると花粉が大量に舞います。

 

この写真中央の花は、葯がまだ開いてない。

 

葉は上部につくものは葉柄がほとんどなくて茎をだいてますが、下の方にいくほど葉柄が長くなってます。

 

上の3段階の写真と別の株ですが、根生葉の様子。 

 

托葉鞘の様子。 

 

雌株、花被に包まれた果実の様子。まだちょっとしかついてませんでしたが、雌花は花後に内花被が大きくなり果実を包みます。

シギシ属の仲間はこの様子がけっこう個性があって見分けポイントになってきます。

広告を非表示にする