読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Familiar Flowers 2

身近で咲く花たち。

ノミノツヅリ Arenaria serpyllifolia

ナデシコ科

その辺の草地からアスファルト縁などまで、色々なところで見かけるナデシコ科の花です。

 

花弁は白色で5枚、ピンク色をした約が可愛らしい。

 

萼片の方が花弁より少し長いです。また、全体に短毛が密生しています。

 

似た花に全体に腺毛があるネバリノミノツヅリ(A. s. var. viscida)があり、ノミノツヅリは短毛のみ生えているようなので、念のためこの記事内の画像を3枚トリミングでかなり拡大してみました。

短毛のみのようです。

 

花径は4mm前後。

 

両方一緒にはなかなか焦点があってくれませんでしたが、傍に咲いていたキュウリグサとの大きさ比較。キュウリグサは3mm前後なので実際に目で見ても少しノミノツヅリの方が大きいです。

 

葉は茎に対生し葉柄はありません。

 

ま株元から茎が出たり分岐したりしてくると花もたくさん賑やかになると思いますが、まだ少な目。

 

同じく「ノミ」と名前に付き、同じ時期に見かける花にノミノフスマ(別属)がありますが、花弁が深く裂けて5枚が10枚に見え、花も1cmくらいと大きいです。また、あまり場所を選ばず見かけるノミノツヅリと違って、一般には畦など湿った場所でよく見られる花です。

「ツヅリ」というのは粗末な着物を意味するそうで、とても小さい対生に付く葉を蚤の着物と見立てたようです。

 

☆関連記事リンク☆

広告を非表示にする