読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Familiar Flowers 2

身近で咲く花たち。

ウシオツメクサか、ウシオハナツメクサか。

ナデシコ科

花の写真1

昨年はじめて咲いていることに気づいた可愛らしい花。

一般に海や河口付近で見られるようですが、場所は河口からはちょっと離れた川岸です。ただ汽水域なので海が満潮で川が逆流したときに流されてきたのかなと思います。

 

全体像1

全体像2

浸水している

護岸はしてあるけど低いので、増水すると浸水するような場所。

 

花径

花径は8mmくらい。

 

花の様子1

花弁の基部あたりは白くそこから先端に向かって淡紅色。

 

花の様子2

雄しべは見た感じではたいてい3つで、多いもので4でした。自家受粉しようとしている段階なのか雌しべに雄しべが寄ってます。

 

雌しべ

雌しべの花柱は3。

 

萼片の様子1

萼片の様子2

萼片に腺毛が生えています。

 

葉の様子

葉は対生し長いもので2cmくらいでした、厚みがあります。

 

托葉1

托葉2

筒状の托葉。茎や葉は上部以外では無毛。

 

萼片の基部の黒い点

萼片の基部付近に黒い点がある。

 

花の写真2

といった感じですが、 

 

以下2枚は昨年の同じ場所の花(2016年6月)

花の写真3

葯が見えるのは2つですが、未熟な感じの雄しべの痕跡もあります。

腺毛も少し多いような。

 

茎や葉の腺毛

茎や葉にもあきらかに腺毛が目立ちます・・・。

 

ウシオハナツメクサか、ウシオハナツメクサか・・・そもそもの情報が混乱しているような感じで、はっきりわかりません。

名前から見ていくと、ウシオハナツメクサという名前には「ハナ」が付いてるので、花が目立つという意味だろうと考えられるし、さらに別名ではオオウシオツメクサといってウシオツメクサに「オオ」が付くくらいなので、ウシオハナツメクサの花の方が大きいんじゃないかな~と思うんですが、その辺の情報も見当たらず・・・。

一応、雄しべが少ないことからウシオツメクサかなと思ってはいるんですが、腺毛が昨年6月の様子と違っているのは個体差や変化の範囲なのかわかりません。

とはいえ、その6月の様子も、ウシオハナツメクサとするには腺毛が少ない感じもします(検索画像などではかなりたくさん生えて目立つものが出てくるので)・・・。ただそれすら、ウシオハナツメクサの個体差と考慮したら、どこで線引きできるのか全くわかりません。

種小名が違うのだから、そんなに見分けが難しいとは思えないんですが・・・今回の花を一旦ウシオツメクサとして、どこかでこれぞウシオハナツメクサと思えるような別の感じを持ったものに出会えたら考えようも出てくるのにな~と思いますが、現時点では予想するだけで答えは出せそうにないです。

広告を非表示にする