Familiar Flowers 2

身近で咲く花たち。

セイヨウアブラナ Brassica napus

花の写真1

菜の花というのはアブラナ科の花の総称で以前アップしたカラシナなどいろいろありますが、一番にイメージするのはこの花かと思います。

 

花径

花は縦長(横長)ですが、写真のものは長い方で2cm程度。

 

萼片の様子

萼片が開花時に斜上~直立傾向にあるのが特徴で、それに対してセイヨウと付かない普通のアブラナは開出だそうです。確認してないので明確に差があるのかはわかりません。

 

葉の基部

葉の基部は茎を抱くのがカラシナとの違いの一つ。

 

葉の様子

セイヨウアブラナの葉の表面はあまり皺はなく、アブラナの葉には多いそうです。 

 

(追加画像)

花の写真2

(5月中旬、以下7枚)河口の砂地に咲いていたもの。

 

花径2

花は長い方で1.5くらい。前に計ったものと比べると小さいですが、かなり咲き上がった花だし、時期も時期なのでそんなものかも。

 

萼片の様子2

萼片の様子3

萼片は斜上~直立気味のものまである。

 

中間の葉

これは中間の葉。

 

下部の葉

下部の方の大きな葉。

セイヨウアブラナの葉の鋸歯はもともと低めですが、よく見ると鋸歯の痕跡的なものが間隔をおいてあるのが見える程度でどの葉もほぼ全縁で切れ込みもないといった葉でした。

 

果実の様子

その果実です。長角果の長さは、嘴部まで入れ約7.3cm。嘴のみでは2.3~2.4cm程度。

 

☆関連記事リンク☆

 

広告を非表示にする