Familiar Flowers 2

身近で咲く花たち。

カラシナ(セイヨウカラシナ) Brassica juncea

花の写真1

川沿いの土手などで見かけるアブラナ科の花。いわゆる菜の花と呼ばれるものの一つ。

 

咲いている景色

まだ咲き始めというのもありますが、菜の花の中でもセイヨウアブラナなどはかなり華やかですが、カラシナは花数も大きさ少し寂しい印象があります。

ただ、今時期の風景には華やかすぎずちょうどいい溶け込み具合にも思います。

 

花の拡大

花弁は4で雄しべ6雌しべ1

 

萼片の様子

萼片4で開花時には斜上。ただ写真中央のものはぎりぎり斜上という感じですが。

 

茎、葉の基部の様子

葉の基部は茎を抱かないというのが特徴。

茎は触るとなめらかで無毛。

 

葉の様子

葉は先端が大きく羽状に深裂。

 

株元付近

咲いてるものは根生葉がないようでしたが、咲き始めのものではほぼ枯れかけたような状態で残っていました。

 

小さなタイプ

そんなこんな足元を見ていると、発芽時期が遅かったのか、根があまり張れてないのか、こうした葉も小さく、丈は10~15cm程度でひょろひょろっとして花もけっこう咲いています。

 

花の写真2

これは昨年の写真。こちらの方が萼片の角度が分かりやすいみたいです。

 

(追加画像)

果実の様子

(5月上旬)果実(長角果)の様子。

 

☆関連記事リンク☆

 

広告を非表示にする