Familiar Flowers 2

身近で咲く花たち。

フラサバソウ Veronica hederifolia

花の写真1

道端に普通に見られるオオバコ科の小さな花。

 

花径

オオイヌノフグリに似ていますが花径は3mm程度と小さく花色も薄い。

 

オオイヌノフグリの花径

因みにすぐ傍に咲いていたオオイヌノフグリ。花径は1cmほどあり、鮮やかな色をしています。

 

横アングル写真

その他、オオイヌノフグリに比べて全体に毛が多いです。

 

葉表

葉裏

葉の両面や茎などにも毛がよく目立つ。

葉裏は紫色を帯びているものも多いようです。

 

子葉

株元付近には双葉(子葉)が残っていました。全体に小さな植物のわりに子葉は大きいな~という印象。

 

若い果実

果実はふっくらしています。この点なども扁平気味な果実のオオイヌノフグリとの違い。

 

全体像

こうしてそれと撮れば花があるのははっきり分かりますが、遠目に見ても鮮やかな花が目立つオオイヌノフグリと違って、フラサバソウは花が小さい上に花色も淡いので意識して見ないと気づきにくいです。

しゃがみ込んでみたら「あ、咲いてたのか~」という感じで(笑)

 

☆関連記事リンク☆

 

 

広告を非表示にする