読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Familiar Flowers 2

道端の花など、身近に咲く花図鑑(観察地: 茨城県)

シオン Aster tataricus

キク科 道端

花の写真1

主に庭などに園芸栽培される花です。野生化しているものがあるともいわれますが、身近では庭などから逸出したものを含め一切見かけません。写真のものは道端ですが、おそらく付近の方によって植えられたもの。

 

花の写真2

草丈は普通に1m以上あり、高いものは2m近くになるようです。草丈のわりに一つの花は2.5~3.0cm程とあまり大きくありませんが、茎上部で分岐した花序に多数の花を咲かせるので、美しい花色とともに遠くから見てもそれとわかるほどよく目を引く花です。

 

総苞片

総苞片は3列で縁に膜質部分がある。

 

葉の様子

葉はヘラ状の長楕円形で縁に鋸歯が並びます。質感は硬くゴワゴワしている。

 

下部の葉の様子

写真が分かりづらいですが、下の方の葉は翼のある長い柄があるような感じをしています。

 

葉表

葉裏

また、両面とも短毛が生え、かなりザラつきます。

 

茎の様子

高い草丈で完全に直立していますが、がっしりした茎をしています。

葉の基部は半分ほど茎を抱いている。

 

花の写真3

漢字で書くと紫苑で、満開に咲き誇っている様子はまさに紫の苑(その)という感じがします。

まだ記事に上げていませんが、春~初夏に見かける(秋冬も疎らに見かけますが)名前の関連する花ハルジオンは、春に咲く紫苑という名前です。

 

広告を非表示にする