読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Familiar Flowers 2

道端の花など、身近に咲く花図鑑(観察地: 茨城県)

カントウヨメナ、ヨメナ、ユウガギクの比較

キク科

(それぞれの記事にも昨年の写真を使い載せたりしていますが、今年の写真のみであらためて比較。)

左、カントウヨメナ 右、ヨメナ

左がカントウヨメナで右がヨメナヨメナは冠毛が長く、フサフサ感があります。

(0.5mmあるかということに関してはヨメナの記事に昨年の計測があります。)

 

カントウヨメナカントウヨメナの冠毛 斜めアングル

カントウヨメナ

 

ヨメナの冠毛 斜めアングル

ヨメナ

カントウヨメナヨメナ共に腺毛が目立ちます。

 

ユウガギクの冠毛 斜めアングル

ユウガギク

ユウガギクもカントウヨメナと冠毛の長さ的には同じくらいで短いです。

 

次はほぼ正面からみたそれぞれの写真。

カントウヨメナの若い果実、正面

カントウヨメナ

 

ヨメナの若い果実、正面

ヨメナ

正面からだと冠毛の長さがちょっと分かりづらい。

 

ユウガギクの若い果実、正面

ユウガギク

それぞれ、まだ果実が育ち切ってない(飛び出してきていない)ものがありますが、ユウガギクは上から見て果実の幅が目立ち、腺毛が縁になく代わりに毛が見える。

 

といった具合で、また後々にでも熟した果実の状態やその他の部分についても、ここに追加していこうと思います。

 

(追加画像)

ユウガギク 果実

ユウガギクの果実。面に腺毛があり、縁上部に冠毛と同じくらいの短い毛が生えています。

 

カントウヨメナ 果実1

カントウヨメナの果実1

上部の縁などにも腺毛が見えますがユウガギクのような毛は生えていない。冠毛は申し訳程度にある感じで、量も少なく長さも短い。

 

カントウヨメナ 果実2

カントウヨメナの果実2

1とは別場所のもの。大きめで上部に幅があってユウガギクのような形のもある。

 

↓ここからはヨメナ

ヨメナ 若い果実1

ヨメナ 若い果実2

ヨメナ 若い果実3

ヨメナの若い果実

中身が入っていなそうなのが多いです(地下茎で増えた同一株だからかな?不明)。もうすぐ草刈りが入ると思われ、熟した状態が見られるかどうか。冠毛は短いのと長いのが混ざっているような感じで、飛び出し気味になっているものとそうでないものがあり、大きさなども含めバラバラ。

明確な差を感じたいのに今のところ微妙・・・。

 

(さらに追加)

ヨメナ 熟しかけ

少し熟したヨメナ

 

ヨメナ 熟しているようで中身はない集合果

熟しているようで中身がないようです。冠毛はずいぶん目立ちます。これまでよく見ているのは毛が立っているものが多かったのですが、横に開いている。

 

ヨメナ 一つだけ中身が入っていそうな果実

ピントが合ってないですが画像中央辺りにある黒っぽいのだけが中身が入って熟している感じ。

 

ヨメナ 果実1

ヨメナ 果実2

0.5mmとはいえない。0.3mmくらいかあっても0.4mm弱。

 

ヨメナ 中身が入っていない果実ばかり

ほとんどのものは中身がスカスカでこんな感じ。上のような果実は1つしか見当たらず・・・。

 

ヨメナ 若い果実4

再び若い果実も。こちらは長めの毛は0.5mm近くありそうに見える。

 

次はカントウヨメナ(その2)

カントウヨメナ 集合果1

カントウヨメナ 集合果2

単独の写真で見ると意外と長く感じますが、

 

カントウヨメナ 果実3

カントウヨメナ 果実4

こうしてみるとやはり短い。

 

0.5mmとか0.25mmとか数値にこだわると微妙ですが、毛の生え方が少々違うとは感じる・・・とはいえ、あまりに微妙な違い。他に明確に違いが欲しい。

引き続き、観察してみます。あと、唯一熟しているっぽいヨメナの種子は鉢に撒いてみようかと思います。

 

☆関連記事リンク☆

 

広告を非表示にする