Familiar Flowers 2

身近で咲く花たち。

イヌタデ Persicaria longiseta

花の写真1

道端に普通に見られるタデ科の植物。

 

花序

白花もあるらしいですが普通は紅色の花をしています。

このくらい引いた写真でも、小苞の縁にある長い毛が飛び出しているのがよく見えます。

 

花の写真2

花被は5裂で、写真のような感じであまり完全に開かないようです。それはそれで可愛らしいかも。

 

イヌタデの花とヒメヒラタアブ属?

そんな小さな花ですが、ちゃんと気づいてもらえるようです☆ 

 

托葉鞘

托葉鞘の縁の毛が長いのも特徴の一つ。

 

葉の様子

縁に毛が生え、表面に斑紋があります。(ないこともあります)

 

葉の裏の様子

葉の形は広披針形~披針形で葉の裏に腺点がありますが、それほど目立っては見えないようでした。

 

果実の様子

果実(痩果)は3稜形。艶があり綺麗。

 

全体像1

最近、花序があがってきたところでまだちょっと寂しい感じですが、

 

全体像2

一つひとつの花より群生による魅力があります。10月になるとびっしりと花が揃い畦道などを赤く染め、さらに冷えてくる頃には真っ赤に紅葉した葉も綺麗です。

この赤い粒々(花後の果実を包む花被など)は、ポロポロと簡単に取れるのでその昔お飯事に使われたため「アカマンマ」という別名もあるようです。

 

☆関連記事リンク☆

 

広告を非表示にする