Familiar Flowers 2

身近で咲く花たち。

ヒメキンミズヒキ Agrimonia nipponica

花の写真1

林の中など日陰に咲くバラ科の花。花弁は細く、花付きは疎ら、雄しべが5~8と少ないのが特徴。

 

花径

定規の当て方が雑ですが写真のもので花径6mm。周辺の小さめの花で4mmでした。

キンミズヒキの半分程度しかない小さな花をしています。

 

く花の写真2

草丈は30cm程度でしたが、中には横たわっていた株もあってそれはもう少し大きそうでした。

 

茎、葉

上部の葉。茎などはほっそりした印象。

 

葉の様子

 葉は奇数羽状複葉で小葉は見た感じでは3~5枚という感じ、葉がキンミズヒキのように細く尖るような形ではなく、丸みがあるものが多いです。

 

托葉1

托葉2

托葉。大きいもの小さいものありました。下の写真は草刈りの痕があります。

 

若い果実

若い果実。刺の先が鉤状になっていて、動物や衣服に引っ付きます。

 

花の写真3

他の草たちに紛れ見落としてしまいそうな、そのか細さと疎らな花はいかにも日陰に咲く花といった感じですが、そういった花もいいですね・・・ただ、虫よけが切れてしまい、蚊に刺されて大変でした(笑)

 

☆関連記事リンク☆

 

広告を非表示にする