読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Familiar Flowers 2

道端の花など、身近に咲く花図鑑(観察地: 茨城県)

キバナアキギリ Salvia nipponica

シソ科 林内、林縁

林の縁などに生えるシソ科の植物。サルビアの仲間です。

 

花の中心に見える紫色のものは仮雄しべだそうです。花粉を出す完全雄しべは上唇の方に隠れて見えていません。

一般的には昆虫をこの目立つ仮雄しべの方で誘い込み、そのすきに上の花粉を出す雄しべが昆虫の背に花粉をつけるそうです。

そんなわけでそんな昆虫たちと同じように仮雄しべに惑わされて、完全雄しべの方が写るような写真を撮り忘れました(笑)

(追加画像)

完全雄しべ

花粉を出す完全雄しべの方の様子。

 

ひょろっと伸びた雌しべは、よく見ると柱頭が2つになっているようです。

 

萼筒なども含め全体に毛が多いです。

 

花弁にも毛が生えています。

 

葉は対生で鉾形をしていて、花のない時期でも特徴的なのでよく目に付きます。

 

アキギリというのは本州中部~近畿地方の山地に紫色の花で、それに似た黄色の花なのでキバナアキギリ。そのアキギリは「秋桐」で秋に咲くことと、花が桐の花に似ていることから付いた名前です。

 

広告を非表示にする